.

澤好摩 句集 『光源』

DSCF6337.JPG 



澤好摩 最新句集 『光源』

1999年から2010年末までの作品中 266句収録。




手花火の明かりに函の蓋を閉づ

うららかや崖をこぼるる崖自身 

乾坤や草餅に搗きあがりたる

身じろがぬ冬蝶にまた夜が来る

深海に自らひかるものら混む

春惜しむ兎の耳の冷たさに

春闌けてピアノの前に椅子がない

昼寝醒め象に頭を跨がれて

くもりのちあはゆき桃色殺鼠剤

追ひ払ふ蠅の団扇にあたる音

煙突と鯵刺しと小津安二郎

涅槃図を鼠出てゆく初しぐれ

石橋の裏だんまりの夏の河

戦争や蝙蝠傘がお猪口なる

長持の底抜けたまふ秋の暮

浮雲へ踊りの千の手翳しよ

天井が高くて酔へぬふたりかな

風花やただ鉄棒にぶらさがり

稲妻や母の老顔ただならず

うたたねの畳の縁を来る夜汽車








2013年7月20日発行 書肆麒麟   
装幀 河口 聖




calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

こちらもどうぞ!

KOJI YAMADA HOME PAGE  ↑ NEW http://ooburoshiki.com/

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

大風呂敷出版局

search this site.

others

mobile

qrcode