.

にぎやかなる週末

たとえば花が咲いていて

その横で「なぜ花が咲くのだろうか」と考え込んだところで

その花をあじわったことにならないように。

 

街の中でくりひろげられる様々なものごとを

あえて「なぜそうしているのか」「どうやってそうなってしまったのか」

ということの奥行きを排除してみてみると

おおよそ11月にはいってからの日々は

目ににぎやかなるものであった。

 

 

 

火伏せの神事にてお囃子を奉納し笛を吹いたり。

 

14962786_1061551703967727_5052614843844098700_n.jpg

 

土曜日は大風呂敷をカフェとしてオープンさせたり。

 

img_8991.jpg

 

img_8996.jpg

 

本町二丁目を歩けば

人の手が生み出したものに出会い。

 

img_8994.jpg

 

img_8998.jpg

 

生み出した人やそれらをみせるための工夫をしている人たちに会い。

 

情報としてのメッセージは忘れていってしまうことがあっても

むしろそうした情報を欠く事物の印象、色彩や佇まいなどこそ

身体の奥に記憶として組み入れられるであろう、と思うほどに。



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

こちらもどうぞ!

KOJI YAMADA HOME PAGE  ↑ NEW http://ooburoshiki.com/

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

大風呂敷出版局

search this site.

others

mobile

qrcode