.

その一歩の

DSCF9070.jpg

 

 

白っぽいのは途切れた電線ではなく、飛行機雲である。

 

そう考えるのは意味の世界。

 

黒っぽいキリリとした線と

白っぽくてふわりとした線と

その構図が気にいるようなものとなるところに

一歩移動

写真を撮る。

 

 

DSCF9043.jpg

 

 

その花が菊でありどのような品種であるなどというのは、情報。

 

情報は意味をもたらしてはくれるけれど

価値は、さてどうなのか。

もたらされた情報でこそ対象に価値を見出す人もいるのだろうけれど、

むしろ

意味や情報というところから離れたところでの

面白さや美しさを自ら探し当ててこそ、価値。

そうした考え方の方が、しっくりとくる。

探し当てるとは大げさな言いぶりで

実のところ

いい構図になるための、その一歩もまた

探求に他ならず。

 

 

DSCF9063.jpg

 

 

その一歩があることで

いくら自然を写し取ろうとしても

そこには純粋な客観性などはなく

人間の意識が織り込まれることになる。

 

おのれを消し去ることで客観性を持ちうるという考え方の

なんと楽観的で面倒くさがりなことだろうか。

 

どんなに意味や情報をはぎとっていっても

人間には見届けたいようにものを見る定めのようなものがあるのかもしれず。

ただたんに○を書こうとするときに

そんな宿世に思い当たってしまうことがあるとしても不思議は無い。

 

 

半円をかき恐ろしくなりぬ   阿部青鞋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

こちらもどうぞ!

KOJI YAMADA HOME PAGE  ↑ NEW http://ooburoshiki.com/

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

大風呂敷出版局

search this site.

others

mobile

qrcode