.

母には蕗を。


上州の蕗をだしであっさりと煮る。

茹でなければ苦い。
苦くなくなるまで茹でては、物足りない。

スジを取らなければ食べにくい。
柔らかくしすぎてしまっては風味が無い。

塩気が無ければバカバカしい味、
しょっぱすぎれば、箸がまたぐ。



わが母は、恐ろしく、懐かしい。
わが母は、たくましく、かわいらしい。

年を重ねて
さほどマルくもまとまらず、
思うがままに生きる、その自在。

ときに自らを倦み、ときに世を嘆いても
驚くべし、その回復力、すぐにまっすぐ。
スジも苦みも失わず、そのほどほどを佳しとして。

煮上がった蕗を差し入れする。
母の日、という言葉は互いに一度も言わず。
食卓に
サクサクと噛む音だけが響く。
気持のよい音である。



 


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

こちらもどうぞ!

KOJI YAMADA HOME PAGE  ↑ NEW http://ooburoshiki.com/

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

大風呂敷出版局

search this site.

others

mobile

qrcode