.

「豆の木」拝領


さいばら天気さんより「豆の木」no14. Apr.2010 拝領。

表紙は こしのゆみこさんの陶作品「しゃぼん玉のよく出る家のありにけり」

お一人一句、わがままにひかせていただく。


並ぶアテネすみずみ拗ねてアブラナ (回文句) 月野ぽぽな
年あらた水を流すに大と小           さいばら天気
ヒキガエルの生活とか長い手紙         高橋洋子
クリスマスイブ雨アルミニウムの牛       田島健一
大西日他人の顔の重さかな           峠谷清弘
自衛官募集コスモス揺れてゐる         内藤独楽
モスラよりラドンですわと毛皮夫人       中嶋憲武
エレベーター開く野の端冬の旅         日高 玲
芋選って置いてけぼりになっており       三宅やよい
さくらんぼ谺を鉤括弧に入れる         宮本佳世乃
アキアカネ旅の荷物に化粧水          室田洋子
床の間に金庫を置きて紅葉宿          矢羽野智津子
浅草六区さらしくぢらのうすくれなゐ      吉田悦花
青空の根っ子をつつく金魚かな         吉野秀彦
勝独楽の荒ぶるままに残りけり         上野葉月
被写体をあへていふなら春隣          遠藤 治
ポケットの生乾きなる虚子忌かな        大石雄鬼
のどけさの舳先掴むと舟ぐらり         太田うさぎ
蛇穴を出てしばらくは酔うてをり        岡田由季
菖蒲湯を出て正体を尋ねけり          小野裕三
田作りの体を体からはがす           菊田一平
まんじゅしゃげ目薬あふれさせている      こしのゆみこ
夜を徹しゴールまで行く春炬燵         古城いつも
叱られておしろい花の開きをり         近 恵
神様へじわりじわりと初詣           齋藤朝比古


春の雪 未然と予言


ふと筆のような芽をほどいて
鮮やかな緑を見せるギボシの茂みに
今朝の雪、わずかに残り。

山々からの雪解け水の上に雪。

南米の地震も
中国内陸の地震も
アイスランドの噴火も
今朝の雪も

振り返ってみれば
ある前兆であった
考える日が来るかもしれない。
私たちが生きているのは
未来から見れば
「未然」の世界。

********

「夢幻航海」第72号 岩片仁次さんから拝領。

目次よりご紹介する(敬称略)

坂戸 淳夫 病中遺句 つれづれなるままに
追句   和田悟朗 寺田澄史

高柳重信『散文集成』第44回 昭和39年その2
 序 寺田澄史句集『副葬船』
 喜寿の『川の灯』 長谷川かな女句集
 「後生楽」について 内藤吐天句集
 盗作の周辺(時評)
 大政奉還の説・再録(時評)
 「煉獄抄」そのほか 瓶前号批判
 28号同人作品評
 俳句を読むということ(時評)
 「悪霊」礼拝 永田耕衣句集
 一人旅
             岩片仁次編・夢幻航海社版『散文集成』第八冊所収

作品
牛島 伸  葦原の旅
水野 麗  群青
薄氷 彰  星間帯
岩片 仁次 虚邑残闕

評論
岩片 仁次 がれうたと枯れ唄
今泉 康弘 鎮魂曲「焚書」
高橋 龍  『俳諧天爾波抄』と『昭和俳句選集』(三)
ド・ヴィア  月光書簡 その五 地図の隙間
            その六 喇魔 砂漠谷

「がれうたと枯れ唄」は
 寺田澄史句集『がれうた航海記』(昭和44年)の詳細を紹介しつつ
ポルトガルのガレウタ船と切支丹排除の史的考証から
いつしか、追放された船人の宿命をてこに幻想の「枯れ唄」へと逢着。

今泉康弘の寄稿
焚書の歴史と手触りを広くアートと文学に求め
「燃え上がる本というイメージ。それは人を引きつける。ゆえに古来、焚書は一種の儀式として行われたのであろう。それをイエスの磔刑と重ねることもできよう」と位置付けた上で、
「書物によって、知り、考える、ということ。それがテレビやインターネットによって情報を得る、ということに次々と置き換えられていく。それは思索への磔刑であり、魂への火刑であるのかもしれない。」とまとめる。
「焚書とは、人間に愛を持たぬ者が本を焼くことであった。/ところが、人間に愛を持つがゆえに本を焼く人がいる」として葬儀の際に棺の中に本を入れる場合のことを考察し、論を閉じる。

********

未来から見たら「未然」であるこの世界は、
であるからこそ
過ぎ去った世界に眼を凝らし耳を澄ますことで
「予言」のような論理を導き出すことも可能なのかもしれない。
今泉康弘の文章に、その種の警鐘を聞いた。力作。

********

夢幻航海 版元:夢幻航海社 印行:平成22年5月1日 編集兼発行人 岩片仁次
発行処 367-0041 埼玉県本庄市駅南2-4-12      頒価 金壱千円也



桐生に帰還。中津の旅は花のゆかり。


八面山から中津を望む。

日常の重さを離れて
旅へ。
その先で出会うのは別の日常。
同じ時を生きる人の時間。

岳切渓谷は、水の路、浅くのどかに。
1キロ先にあるという滝を
歩いて観に行くということになった。
水は路に沿い、路は水に沿いながら
鳥の声、四月の光。

数人での一行は言葉も無く
ただ水の進む方を歩き続け、
ときに石をわたり
ときに荒れ土を踏み分け。

滝に着き、
滝を見て、
ただ帰る。

陽のゆらゆらと
緑の
二度とは無い巡り合わせの中に
自分の歩みを加えて。

道のべの、未だ色濃き花椿。
落ちて、点々。
水は休まず。


この世へと椿を踏んで戻りけり





別府温泉春句会

201004080732000.jpg
ここはサンパウロだと言われたら
納得するかもしれない
明るさの別府湾。
一夜は湾岸、別府温泉。

昨夜の句会は二回。
果てて深夜。

花吹雪浴びて思案の今朝の鴨 佐伯ひろみ
かう涙もらうてはあかん七五三 紅楳三男丸
接骨木(にわとこ)の大樹となりて母屋朽ち 昼間くみえ
二分咲きの桜三角塩むすび 三丸祥子(不在投句)
吊り笊の釣り銭重し日永かな 住村 太
背包丁どうせはらわた洗われて 入船誠二
骨ばなれ悪き煮魚春霞 垂水猫女
石の頭に石を乗せたり三鬼の忌 山田耕司
はじめに笑ふ山に大方名はあらず 横山康夫
麗かや崖を零れる崖自身 澤 好摩

湯布院、院内、龍岩寺、秘仏の話をして豊後。
桜もほろぶ春の旅。

「週刊俳句」へ10句。




週刊俳句 第153号 (2010年3月28日) 

山田耕司


発表させていただきました。



小久保佳世子さんの作品と並ぶことの奇遇。
編集諸兄に感謝。


花曇り。
朝の鐘、重たく。
靴は軽く。




池田澄子 シリーズ自句自解1

 

100句それぞれに作者がコメントをする形式。


戦場に近眼鏡はいくつ飛んだ

 父も母方の叔父も近視で、予備の眼鏡を数個もって出征したそうである。かつて戦場に行った一般の兵隊は皆若かった。だから、戦場に毀れ飛んだ眼鏡は、すべてが近眼鏡であったろう。
 先日、この句を読んで兜太先生が、当時の日本人は眼鏡を掛けている人が特に多く、ご自身が捕虜になったとき、捕虜である日本人の方が誰も彼も眼鏡を掛けていることを意識した、と話してくださった。その上で、私が書いた<飛んだ眼鏡>は、日本兵だけのものではない。  (080)


と、こんなかんじ。

背には「必読入門書」とあり、
オモテには「俳句はこうして生まれる。」とあって、
まるでこの一冊に「イケダスミコの作り方」が
書いてあるかのようだが、
そうカンタンに池田澄子は生まれてこない。

全巻を通じて
自分の句をいかに語るか、ではなく
自分の句をいかに語らないようにするかを
一貫させている。

例えば上の句

「近眼鏡は」の「は」の選択過程
「いくつ飛んだ」と字余りをあえて利用している言い切り方
などを解説することも無く
無季であることと
戦火想望俳句との関係性を述べることも無く
(その上で、私が書いた<飛んだ眼鏡>は、日本兵だけのものではない)との
最後の行には
師である三橋敏雄の
<いつせいに柱の燃ゆる都かな>
にあらわれるような時空の超越への想い、
語られているかに見えて、ズバリではない。

語れないのではない。
語らないのである。

ひとつには
現代の読者へ
「俳句」の楽しさや厳しさを豊かに伝えようとする
作者の姿勢を見て取れよう。
誰だって厨房の実況中継を
本気でやられたら、ちょっと困るのである。
受け取る側が読み物として楽しめることを承知の文の潔さ。
と同時に、
技術的なことや俳句史的文脈を語らない
その背筋ののばし方は、
現在の読者への配慮ではなく
「俳句は自分で解説することなどできない」
という
池田澄子のきっぱりした姿勢を示していると思う。
自句自解、ならぬ 自句自戒 であろうか。

では、こうした本を出さなければいいじゃないか、
ということを言う方がいるかもしれないが
それはちょっと結論が性急。

池田澄子作品を読んだことが無い人には
ぜひおすすめの一冊。
読みやすい。面白い。
俳句って難しそうという人にもおすすめ。

で、こうして俳句とのご縁を持ったり深めたりする人が
増えたりすることこそ
実のところ
池田澄子的覚悟の根にあるのではないだろうか。
そうした侠気(おとこぎ)のようなものさえ
山田はこの一冊から感じるのである。

初めてお逢いした頃から
ああ、かれこれ25年も経つ。
ずっとまっすぐな背筋(せすじ)。
書くことのもろさと怖さを知るからこその、このきっぱり。
装幀、製本も、きよらかでしっかり。

池田 澄子
ふらんす堂
¥ 1,575
(2010-02)
コメント:俳人のつぶやき、楽しくてきっぱり。 俳句と親しくなれそうな気がする一冊。


第八メナム句集

タイ国日本人会文化部 メナム句会刊
「第八メナム句集」を藍原弘和氏より拝領。

「序」に藍原弘和氏はこう記す。

<(前略)この句集を読んでいただければ分かりますよう、メナム句会の作風は様々です。日本的有季定型の中に美を求めようとする会員、タイの自然の中に新たな季語を見つけようとする会員、有季定型に拘らず季語にかわる詩語を用い短詩としての俳句を模索する会員もいます。もちろん、絶対的な俳句の正解はありません。それぞれの方法はありません。それぞれの方法が正解です。俳句の特徴ー日本文化といっていいかも知れませんーは多義性・重層性だからです。大切なことは互いの価値観を尊重し議論しあうことです。メナム句会の共通点はタイに在住してタイを俳句に詠みたいと思う志だけかも知れません。(後略)>



巻頭には<メナム吟行歌まくら>。カラー写真。

<鋒次郎さんと「花」>と題する、山本良子氏の文章は、
2008年に79歳で亡くなった山本鋒次郎さんへの追悼であると同時に、タイにおける未帰還日本兵や終戦後タイに残った日本の民間人の先人への思いを述べている。

<タイの特殊用語の解説>として、
句集の中で使用されている「タイの特殊用語」を50音順に掲載。

火焔樹 マメ科の花木の名。正式和名・鳳凰木(ホウオウボク)の俗称。火炎樹。英名フレーム・トゥリー。タイ名ハーンノックユーン・ファラン(西洋孔雀の尾羽)花は燃えるような緋色で、葉はねむのような複葉。句会では暑季の季語としている。(後略)

例えばこのような感じ。

20名の方が20句ずつ発表している。各人の扉には、タイの言葉に訳してある一句がタイの言葉で記されている。一句ずつながら、ひいてみよう。

山の舞月の光の奴婢として       藍原 弘和 「星の邑 水の町」
ひきがへる薄暮すとんと落ちてくる   イーブン美奈子 「夜の守宮」
夜蛙の寝ろねろねろとねろねろと    大口 堂遊 「鳥帰る」
決めかぬることの多さや雨季に入る   大口 乃り子 「花芒」
夕映えに慰められてタイに住む     川井 順子 「夕映え」
象さんの切手空飛ぶ熱帯夜       鬼海 京子 「クルンテープ通信」
噴水や屋台も並ぶ大通り        嵯峨 春野 「蜻蛉」
蚊の飛ぶを犬が目で追い大欠伸     塩谷 敏子 「ブーゲンビリア鶤」
スコールや孤島となりしわが住処    豊田 美帆 「火焔樹」
朝寒や九人の僧へ喜捨の衣       長尾 俊郎 「ブアトンの丘」
大南風値段交渉成立す         中田 朗子 「冬日」
七夕は祖母の形見の浴衣なり      野村 慈水 「庭の石(其の二)」
道ひとつ鉄路に沿へる暑さかな     林田 裕章 「とこしへの」
寒晴やフェルメール展最終日      林田 美音 「雲」
手向けたる母に万感さくら花      堀井 京子 「花吹雪」
周り皆昼寝させてる三歳児       山本 良子 「南風に座す」

対馬康子氏の鑑賞「メナム滔滔」より
<(前略)海外生活者として俳句を作るということは「俳句とは花鳥諷詠、有季定型である」という呪縛から、心の内なる山河を自由にすることに他ならない。(後略)>

2009年10月 発行
編集者 第八メナム句集編集委員会
藍原弘和、イーブン美奈子、大口堂遊、中田朗子、山本良子
発行者 タイ国日本人会文化部メナム句会
1st fl. Sathorn Thani Bldg.2,92/2
North Sathorn Rd.,Bangkok 10500 Thailand





本日も枯れ野にうたわず。

▲なにもかも枯れている。

枯れていると色は同じ方向に傾く。
柴犬の腹の辺りの色へと傾く。

高校生のころ
俳句よりも短歌の方を先に作りはじめた。

海外に行く時
ほとんどカメラを持っていかない。
シャッターを押すように作るのはなぜか俳句ではなく短歌。


ローマの遺跡にて

石に石重ねて目指すこの天の紺青をゆく月もまた石 山田耕司

地球の鉱物由来の空間は月面の香りがする。
日本の枯れ色から遠く離れて。




19歳のころ
高屋窓秋氏に自分の短歌を読んでもらったことがある。
代々木上原のお好み焼き屋。
氏の言葉を正確には覚えていない。
忘れたというよりは
その頃の自分では理解できなかったのかもしれない。
ただ
それ以来
短歌を作らなくなった。

枯れ野の中で
うたわないのはそうした理由がある。

日本の、枯れた色の中に立つ。
生物由来の同系色に五官を差し入れ
黙しつつ、今日も言葉を探す。

俳句同人誌「円錐」44号

 俳句誌 円錐44号 
△ 表紙絵 長岡裕一郎   (本誌10号用絵を再掲)


第44号 2010 spring(64頁)

作 品 1(20句)

鯨飼ふ・・・・・・・・栗林 浩
メランコリア2009 ・・今泉 康弘
あの虎 ・・・・・・・山田 耕司


渡邊白泉 3 

エリカはめざむ 5    今泉 康弘
渡邊白泉の沼津時代


対談/検証・昭和俳句史 

新興俳句4 西東三鬼 ・・・ 澤 好摩・山田耕司


小特集/糸大八の近作 

栗林 浩/斎藤 康子/小倉 紫
横山 康夫/味元 昭次/今泉康弘


書 評

佐藤清美 句集『月磨きの少年』・・橋本七尾子
室生幸太郎 句集『昭和』 ・・・・矢上 新八
高柳克弘 句集『未踏』・・・・・・横山 康夫

時 評

作品の読み方・・・・・澤 好摩

作 品  (15句)

傘がない ・・・・・・小倉 紫
たそがれの柿 ・・・・大和 まな
きぬかつぎ ・・・・・しば 丙夜
達者な口 ・・・・・・荒井みづえ
辺土通信33  ・・・・・味元 昭次
冬 ・・・・・・・・・斎藤 康子
日々 ・・・・・・・・橋本七尾子
夜鳴き饂飩 ・・・・・矢上 新八
聲洩らす山 ・・・・・横山 康夫
かりそめの色 ・・・・澤 好摩

会員作品年間推薦作家

みなとみらい ・・・・はっとりるり

ダッグアウト

横山 康夫/今泉 康弘/矢上 新八

「円錐」44号 作品評

「説明」から「印象」へ    山田 耕司 
舌たらずですが・・・     味元 昭次

円錐集
         会員作品  三丸祥子ほか
         推薦作品評 編集委員選


俳句同人誌「円錐」 第44号 2010年1月31日
頒価 800 円 (予約 年4冊/送料共 3500 円)

購入のお申し込みは コチラ でもうけたまわります。

小久保佳世子 句集 「アングル」

小久保佳世子
金雀枝舎
¥ 1,575
(2010-01-29)
コメント:「編み耽りセーターの首伸びてゆく」 いわれてみればグッとくる俳句の面白さ。 



俳句空間ー豈ーweekly  関悦史さんのご紹介にて、初対面。
すぐに注文。
いやはや面白い。


心が動かされた句をあげさせていただくこととする。

涅槃図へ地下のA6出口より
東京ドーム膨らみきつてゐる春愁
また梅が咲いてざらめは綿菓子に
六月の脳より高く鉄亜鈴
木下闇鳩に最中の皮を剥ぐ
足開くプリマ涼しき角度まで
赤蜻蛉抓みし指の骨密度
露けしや山と谷あるデスマスク
東京の枯原を見る入場料
揚雲雀軍手もろとも手を洗ふ
琉金一尾部屋から母の消えてをり
扇風機の羽根の向かうに透けて母
目鼻口流さぬやうに髪洗ふ
纏はずに湯舟を洗ふ豊の秋
きりぎりす遠き床屋へ行つたきり
黄落期耳の近くに鋏ある
編み耽りセーターの首伸びてゆく
同じむささび違ふ時間のテレビから
「今投げろ」とて寒卵挑発す
春昼のわが顔の中鯉泳ぐ
三輛を朧の中に置いてゆく
ダイバー消え水面に臍のごときもの
新緑に置き完璧な目玉焼
こふのとり二羽ゐて百合の佇ひ
白シャツからアフリカの腕のびてをり
人を呼ぶ口中黒しななかまど
土俵入り始まる前のかまどうま
秋祭かくも羨ましき汚れ
朴落葉コンビニに来て手放せり

拡散する肉体。
再構成される空間。
鏡を捨てた橋本多佳子。




calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

こちらもどうぞ!

KOJI YAMADA HOME PAGE  ↑ NEW http://ooburoshiki.com/

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

大風呂敷出版局

search this site.

others

mobile

qrcode