.

台風は去り。

DSCF6503.JPG 




台風は去り。




DSCF6511.JPG




川とは何かをあらためて学ぶこととなって。





雨漏りの部屋には
ただ羽音
秋の蚊の。




DSCF6509.JPG





一夜は明けて
トンボ日和。



DSCF6523.JPG




花の骨

DSCF6450.JPG





かぎりなく樹は倒るれど日はひとつ     渡邊 白泉





DSCF6445.JPG






8月は去り。
花は骨に。






DSCF6452.JPG














DSCF6454.JPG




骨になる少し手前の花茎に
生きている蝶の来てとまり




DSCF6456.JPG







花は骨に。
微熱、やや、とどこおりて、なお。









影もそまつな食事をしている    住宅 顕信






夏風邪。

DSCF6216.JPG





立秋を過ぎてはいるのだけれど
これは、夏風邪。



出張仕事
一段落するやいなや、くしゃみ。






夏風邪には
ノウゼンカヅラ。

DSCF6435.JPG




ただ
その下を通るだけ。



DSCF6436.JPG



あとは
水分と睡眠。






残暑、はなはだしく。





8/11 

暑い。

東京では観測史上初めて
一日の最低気温が30°Cを下回らなかった、とのこと。







DSCF6387.JPG


サボってません。




DSCF6389.JPG


サボってませんてば・・・。











DSCF6374_2.JPG


え?

あ、サボってます。








DSCF6393.JPG







ザッぶーーーーーーン

遊んでま〜す。





                        【上野動物園にて】






暑さは、まだまだ続くとのこと。


はなはだしき残暑、
はなはだしくお見舞い申し上げます。



 

花火の夜。

DSCF6354.JPG







住吉にすみなす空は花火かな   阿波野青畝





句会の後に、花火大会へ連れて行っていただいた。



オソロしい残暑の中を電車に乗り
またたくまにオソロしい残暑の中に降り立って
亀戸から浜松町。

円錐・三輪同人のおとりはからいで
ビルの涼しい窓辺に到着。




DSCF6365_2.JPG







どーーーーん




ビルを照らし。
東京の空 つかのま赤く。
けだし、かの夜も。ともあれ、今夜も。


またの夜を東京赤く赤くなる   三橋敏雄




DSCF6373_2.JPG



奥の水面は東京湾。
手前の水面は芝離宮。






天空の火を観て
エレベーターで地上に戻り


地上の暑さ 娑婆の熱。





暗く暑く大群衆と花火待つ    西東三鬼





蚊柱の野を。

 





蚊柱に唱つて聞かす国歌かな   山田耕司








DSCF6322.JPG




蚊柱が立っていそうな野にゆけば
青い蜻蛉が、二羽、三羽。





8月 6日と9日のあいだの。




桔梗、その後。

DSCF6257.JPG


咲きました。

たった一輪ですけれど。
ほどなくしぼむでしょうけれど。







しぼまない花であったら
ここまでしっかりと見ることは無いだろうと思います。





還るべき大地に紺の桔梗あり     糸 大八









沈黙の、さてその前に。

DSCF6244.JPG


つぼみ


二晩のちには
まさしく、桔梗 に。

DSCF6251.JPG






雲も育って

DSCF6245.JPG



暑さも暑し。




DSCF6234.JPG





気がつけば、7月も半ば。
いや、
気がついてはいたけれど
気がつかないこととしてやりすごし。






DSCF8396.JPG


DSCF6243.JPG



花たちは
時のきざみに忠実に
咲くものは咲き
そして去りゆき。






書くべきことがたくさんあるような気がするけれど
日々の更新を怠ると
すなわち言葉は重たくなり。


このまま沈黙してしまいかねない。



沈黙してしまう前に
さて

ゆったりと見ることにしようか
日々の花を
日々の雲を。



DSCF6249.JPG

後半のはじまり、2013。

DSCF6212.JPG 





7月。




DSCF6203.JPG




染まりかけている白が
最も白く見えるのはどうしてなんだろう。








終わりかけているからこそ
意識のうえにあらわれる、時間。




DSCF6170.JPG





夏雲の雲のまま去る疲れかな   耕司





水まく鼻のなけれども。

DSCF6175.JPG





ねっとりと暑い。


梅雨どきのライオンに金網のある
その北関東の。









DSCF6206.JPG 



クジャクの尻の羽毛が

家族連れが飽きてほかのオリに足を運ぶほどの永き時を
さらされて

そのハレとケの、ハレの余剰のけだるさの。





炎天ならば
影も濃く。

それとは異なり

まあ、いわば、ねっとり

夏至の頃
その日曜。














DSCF6184.JPG





肉食の鳥は
金網の中で
猿を見つめ。







DSCF6185.JPG




黒い猿は
黒い猿と
日に遊び。

黒い猿に
身よりはいささか淡い影の黒
からまってほどけ、からまり。










こんな位置関係。



それぞれが互いを視野に入れざるを得ず
ともあれ
それぞれがそれぞれと直接かかわることも無く
終日を無為に過ごして



むむ
人ごとではない。


人ごとではないと口に出してみて
くちびるがしょっぱい
午後2時の。








DSCF6188.JPG




昭和30年生まれのインドゾウ。

多くの人が見るゾウは
この場所にこの1頭。

つまり
彼女はどれだけ多くの人を見てきたことか
どれだけ多くの人を視野に入れつつ
かつ
直接かかわらないようにしてきたことか。



DSCF6189.JPG








なるほど

ひとりの暑さは
ひとりでみずから涼むのが基本
というわけで


どばーーーー
ぶしゅーーーーー




















自分のことは自分で何とかしなければなどと
気負うことこそ、暑苦しい。

しかし
ああ、

6月もあと1週間。
2013年も半分終わる、ということで。



がんばろう。

この身には
水まく鼻のなけれども。





calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

こちらもどうぞ!

KOJI YAMADA HOME PAGE  ↑ NEW http://ooburoshiki.com/

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

大風呂敷出版局

search this site.

others

mobile

qrcode